エンジェル・アット・マイ・テーブルAN ANGEL AT MY TABLE

■鑑賞日

94/04/02(土)

■劇場名

シャンテ・シネ2(日比谷)

■監督

ジェーン・カンピオン

■出演

ケリー・フォックス, アレクシア・キオーグ, カレン・ファーガソン

■内容

好奇心旺盛で詩を書くことが大好きな少女ジャネットは、しかし、そのあまりにもシャイで繊細な感性のために、いつしか精神の異常を疑われるようになり、ついには精神病院へ。しかし、書き続けた詩が賞を受賞し、退院した彼女は様々な経験を経て作家として自立していく。

■感想

ニュージーランドの女流作家ジャネット・フレイムの自伝を「ピアノ・レッスン」のジェーン・カンピオンが1990年に映画化した作品。どちらかと言えば悲劇的なストーリーを明るいトーンの映像の中に納めることで絶妙のバランスを保っている。

■評価

☆☆☆☆(テニスン「アーサー王の死」を先生が朗読するシーンは最高!)

■コピー

あわてないでいい、天使が不意におまえのテーブルに来たとしても・・・

■混雑度

混雑してますが座れないほどではない。

■公開日

94/03/26(土)

■IMDb

■DVD (amazon.co.jp)

■サントラ (amazon.co.jp)