ミセス・ダウトMRS. DOUBTFIRE

■鑑賞日

94/04/09(土)

■劇場名

日本劇場(有楽町)

■監督

クリス・コロンバス

■出演

ロビン・ウィリアムス, サリー・フィールド, ピアース・ブロスナン, マーラ・ウィルソン, ロバート・プロスキー

■内容

声優の仕事もクビ、おまけに夫もクビになってしまったダニエル。でも大好きな3人の子供達と離れて暮らすことが死ぬほどつらい彼は、初老のイギリス婦人に変身。家政婦ミセス・ダウトファイア(訳すと「不審火」)として一家に潜り込むが・・・。

■感想

もちろん、前評判どおりしっかり笑わせてくれるコメディなのですが、「家族」をあつかったこの手のハートフルコメディとしては今までにないラストをクリス・コロンバス監督(「ホーム・アローン」シリーズ等)は用意しています。

■評価

☆☆☆☆(ロビン・ウィリアムスが「アラジン」の時以上にハシャギまくる!)

■コピー

料理、洗濯何でもござれ、子供も任せて安心。今時めずらしいお手伝いさん・・・・。でも、何かヘン?!

■混雑度

とにかく混んでます。学生さんが休みの時は絶対避けましょう。

■公開日

94/04/09(土)

■IMDb

■DVD (amazon.co.jp)

■サントラ (amazon.co.jp)