ゲッティング・イーブンGETTING EVEN WITH DAD

■鑑賞日

94/07/16(土)

■劇場名

日比谷映画(日比谷)

■監督

ハワード・ドゥイッチ

■出演

マコーレー・カルキン, テッド・ダンソン, ゲイラード・サーテイン, サム・マクマレイ, ソウル・ルビネック

■内容

150万ドル相当のコインを盗み出したレイ達3人組。ところが、突然現れたレイの息子ティミーがそのコインを隠してしまい、父親達に取引を持ちかける。そして、ティミーの出した条件とは・・・。

■感想

「子役大成せず」への道を一歩一歩着実に進みつつあるマコーレー・カルキンに(「スリーメン&ベイビー」「メイド・イン・アメリカ」の)テッド・ダンソンが救いの手を差し伸べるものの、及ばず。内容的には(意外にも)結構良かったが、その程度ではマコーレーのギャラ(実に800万ドル!!)を取り返せるかどうかも怪しい。

■評価

☆☆☆(ビデオが出たら家族一緒にご覧下さい)

■コピー

カルキン少年はやっぱりコメディ!!

■混雑度

座れないほどではありません。

■公開日

94/07/16(土)

■IMDb