ブロンクス物語A BRONX TALE

■鑑賞日

94/08/27(土)

■劇場名

ニュー東宝シネマ1(有楽町)

■監督

ロバート・デ・ニーロ

■出演

ロバート・デ・ニーロ, チャズ・パルミンテリ, リロ・ブランカートJr., ジョー・ペシ

■内容

1960年ニューヨークはマンハッタンの一角にあるブロンクスが舞台。イタリア移民の息子カロジェロが、真面目なバスの運転手である実の父親と、街を牛耳るマフィアのボスであるソニーの二人の「父親」から、「人生とは何か」を学び成長していく姿を描いた物語。

■感想

ギャングが出てくる映画だが血生臭さはなく、ビッシリ敷き詰められた60年代の音楽をバックグラウンドに父と息子の関係や男の友情をさわやかに描いている。ロバート・デ・ニーロ初監督作品。

■評価

☆☆☆☆(最後に1シーンだけ登場するジョー・ペシが渋い)

■コピー

運命を変える出会いがあった・・・・この街で。

■混雑度

少し混雑しています。30分前には着いておきましょう。

■公開日

94/08/27(土)

■IMDb

■DVD (amazon.co.jp)

■サントラ (amazon.co.jp)

■原作本 (amazon.co.jp)