勇気あるものRENAISSANCE MAN

■鑑賞日

95/01/29(日)

■劇場名

みゆき座(日比谷)

■監督

ペニー・マーシャル

■出演

ダニー・デヴィート, マーク・ウォールバーグ, マット・キースラー, ジェイムズ・レマー, グレゴリー・ハインズ, アン・キューザック, リチャード・T・ジョーンズ, ジェニファー・ルイス, リロ・ブランカートJr.

■内容

広告代理店をクビになったビル・ラーゴのもとにやっと回ってきた仕事は教師。しかも、生徒は陸軍の落ちこぼれ兵士たちだった。しかし、彼はシェイクスピアの「ハムレット」を教える型破りな授業を通して、生徒たちに新たな自分を発見させ、そして彼らを強い友情の絆で結びつけていく。

■感想

「ジュニア」などコメディアンとしてのみ注目されがちなダニー・デヴィートだが、この手の役柄は彼のためにあるようなもの。彼の才能の奥深さを魅せてくれる。生徒役の俳優たちも今注目の新人ばかりで魅力的。

■評価

☆☆☆☆(そして何よりもペニー・マーシャル監督「ビッグ」「レナードの朝」である)

■コピー

誰だって、いつからだって やり直せる。

■混雑度

午後は混雑するようですが,すこし早めに行けば座れます。

■公開日

95/01/28(土)

■IMDb

■DVD (amazon.co.jp)