リトル・ビッグ・フィールドLITTLE BIG LEAGUE

■鑑賞日

95/03/25(土)

■劇場名

シャンテ・シネ3(日比谷)

■監督

アンドリュー・シェインマン

■出演

ルーク・エドワーズ, ジェイソン・ロバーツ, ジョン・アシュトン, デニス・ファリーナ, ティモシー・バズフィールド

■内容

祖父の遺言で、なんとメジャー・リーグ・チームのひとつミネソタ・ツインズのオーナーとなってしまった、12才の野球好きの少年ビリー・ヘイウッド。彼は、連敗続きのチームを立ち直らせるため、監督をクビにし自ら監督となる。子供に使われることになり、反発する選手達だったが、ビリーの的確な野球を見る目に、次第に信頼をよせていく。

■感想

アメリカ映画の1つの分野とも言える野球映画。全体に抑えの効いた演出で、「メジャー・リーグ」のような派手さはないが、試合シーンの素晴らしさはコメディ系野球映画ではピカイチである。

■評価

☆☆☆★(同じく野球映画「エンジェルス」も近日公開予定)

■コピー

フィールド そこへ行けば少年の日の自分に出逢える・・・。

■混雑度

若干混雑してますが,座れないほどではありません。

■公開日

95/03/25(土)

■IMDb