めぐり逢いLOVE AFFAIR

■鑑賞日

95/04/16(日)

■劇場名

シャンゼリゼ(銀座)

■監督

グレン・ゴードン・キャロン

■出演

ウォーレン・ベイティ, アネット・ベニング, キャサリン・ヘプバーン, ギャリー・シャンドリング, ピアース・ブロスナン, ケイト・キャプショー, ポール・マザースキー, ハロルド・ライミス, ミーガン・フェイ, グレン・シャディックス

■内容

飛行機の中で出逢った元フットボール選手マイクと音楽家テリー。互いに婚約者がいながら惹かれあい恋に落ちる。そして、すべてを清算し3ヶ月後のエンパイアステートビルで再会することを約束するが・・・。

■感想

ラブロマンスの名作「めぐり逢い」の3度目の映画化。「バグジー」の共演中に結婚しハリウッドを驚かせたウォーレン・ベイティが妻アネット・ベニングのために作ったといってもよい映画。夫婦共演のラブロマンスなんて・・・と思いつつ観てみると、これはもう見事に完成されたメロメロのメロドラマ!!特にアネット・ベニングの魅力は(最愛のダンナが作っているだけに)全編で輝いている。さらにはこの作品の質を大きく向上させているキャスリーン・ヘプバーンの13年ぶり(にして最後)のスクリーン復帰も見逃せない。

■評価

☆☆☆☆(「めぐり逢えたら」と比べて観るとさらに面白い)

■コピー

あなたに出逢うために生まれてきた。

■混雑度

ガラガラです。

■公開日

95/04/15(土)

■IMDb

■DVD (amazon.co.jp)