ショーガールSHOWGIRLS

■鑑賞日

95/12/16(土)

■劇場名

日比谷スカラ座(日比谷)

■監督

ポール・ヴァーホーヴェン

■出演

ジーナ・ガーション, エリザベス・バークレイ, カイル・マクラクラン

■内容

スターを夢見てラスベガスへとやってきたノエミ。ダンサーとしてのずば抜けた才能で、3流クラブのヌード・ダンサーから高級ホテルのショー・ガールへとスターへの道を上って行くが、ショービジネス界の暗い影が彼女に忍び寄っていった・・・。

■感想

はじめから、NC-17(17歳未満は入場禁止)指定にすることを前提に、これまでの一般映画では考えられない挑発的なシーンの連続で全編を埋め尽くした娯楽作品。しかしその戦略は米国では失敗に終わったようだ。一人の女のサクセス・ストーリーとして、また全編が迫力のダンス・シーンで彩られたエンタテイメント映画として、よくできた作品であるし、十分楽しめるのだけれども、「セクシーさ」を前面に押し出しすぎたために、かえって嫌われてしまった。

■評価

☆☆☆★(日本ではR指定-15歳未満入場禁止です)

■コピー

闘うたびに強くなる 美しくなる。

■混雑度

それなりに来てますが,座れないほどではありません。

■公開日

95/12/16(土)

■IMDb

■Blu-ray (amazon.co.jp)

■DVD (amazon.co.jp)

■サントラ (amazon.co.jp)