スパイ・ハードSPY HARD

■鑑賞日

96/06/08(土)

■劇場名

日比谷映画(日比谷)

■監督

リック・フリードバーグ

■出演

レスリー・ニールセン, テイラー・ネグロン, タリサ・ソト, ブライアン・ホウ, ブルース・グレイ, チャールズ・ダーニング

■内容

すでに現役を引退した諜報部員ディック・スティール。しかし、かつての強敵であり世界征服を企むランカー将軍が復活し、エージェントの一人を人質に情報局を脅迫してきたことから、かれは任務に復帰する。が・・・!?。

■感想

「裸の銃を持つ男」シリーズでお馴染みのレスリー・ニールセンによるパロディ映画。今回は007シリーズをベースに、古くは「明日に向かって撃て」から「スピード」「アンカーウーマン」まで様々な映画が餌食になっている。しかし、パロディがかなりハイ・レベルなので"分かる人にしか分からん"という感じ。

■評価

☆☆★(アル・ヤンコビックによる凝りに凝ったオープニング・タイトルは傑作)

■コピー

世界一、運のいい奴

■混雑度

それなりに来てますが,座れないほどではありません。

■公開日

96/06/08(土)

■IMDb

■DVD (amazon.co.jp)