ドラゴンハートDRAGONHEART

■鑑賞日

96/09/01(日)

■劇場名

みゆき座(日比谷)

■監督

ロブ・コーエン

■出演

デニス・クエイド, ショーン・コネリー, ピート・ポスルスウェイト, デヴィッド・シューリス, ジェイソン・アイザックス, ジュリー・クリスティ

■内容

10世紀ヨーロッパ。農民との戦いで父親を失い自らも重傷を負った王子アイノンは、ドラゴンの慈悲により甦るが、父よりもひどい暴君となって庶民を苦しめる結果となった。アイノンに仕えていた騎士ボーエンは、アイノンを堕落させたのはドラゴンだと信じ、ドラゴンスレイヤーとなるが・・・。

■感想

伝説の動物ドラゴンと人間の共演を可能にした、「ジュラシック・パーク」を上回る脅威的なCGI技術で、これまでの模型をベースにしたSFXでは考えられない、リアルでダイナミックな映像が見所の作品。とはいえ、所詮お子さま向けかと思いきや、意外にもしっかりした仕上がり。アイノン役デヴィッド・シュリース(「ネイキッド」)は特に素晴らしい。

■評価

☆☆☆★(一方、主演デニス・クエイドが足を引っ張っている)

■コピー

いま、伝説のドラゴンが甦える!

■混雑度

かなり混雑しております。20分前には着いておきましょう。

■公開日

96/08/31(土)

■IMDb

■Blu-ray (amazon.co.jp)

■DVD (amazon.co.jp)