評決のときA TIME TO KILL

■鑑賞日

96/12/21(土)

■劇場名

丸の内ピカデリー2(有楽町)

■監督

ジョエル・シュマッカー

■出演

マシュー・マコノヒー, サミュエル・L・ジャクソン, サンドラ・ブロック, ケヴィン・スペイシー, チャールズ・S・ダットン, クリス・クーパー, アシュレイ・ジャッド, ダグ・ハッチソン, オリヴァー・プラット, ドナルド・サザーランド, ニッキー・カット, ベス・グラント, ジョン・ディール

■内容

米国南部ミシシッピー州のある街で、黒人の少女が白人二人に襲われる。幸い少女は命を取り留め、白人二人は逮捕されるが、少女の父カール・リーは憎しみのあまり犯人の二人を射殺してしまう。新人弁護士のジェイクはカール・リーの弁護を引き受けるが、人種差別が根強く残るこの街で、公平な裁判は望めなかった。

■感想

「ザ・ファーム」「ペリカン文書」「依頼人」と映画化され、いずれも大ヒットしたジョン・グリシャムの処女長編の映画化。前3作のようなエンタテイメント指向は影を潜めて、人種差別、陪審員制度、死刑制度、などより重厚なテーマが前面に出ている。それがそのままドラマの重厚さにもつながっており、見応えのある作品となっている。

■評価

☆☆☆★(弁護士ジェイクを演じたM・マコノヒーは一躍注目を浴びた)

■コピー

裁かれるのは、肌の色か、正義か、愛か。

■混雑度

それほど混雑しないでしょう。

■公開日

96/12/28(土)

■備考

先行オールナイト,公開は丸の内ピカデリー1他

■IMDb

■DVD (amazon.co.jp)