フランダースの犬THE DOG OF FLANDERS

■鑑賞日

97/03/15(土)

■劇場名

丸の内松竹(有楽町)

■監督

黒田昌郎

■出演

津村まこと, 丹下桜, 八木光生, 岡江久美子

■内容

19世紀ベルギーのフランドル地方。両親を亡くし、祖父と愛犬パトラッシュと生活する少年ネロ。貧しいながらも、絵を描くことが大好きで、同郷の画家ルーベンスに憧れていた。しかし、祖父が病死し、放火の疑いをかけられ仕事を亡くし、期待していた絵のコンクールにも落選したネロは失意の中、ルーベンスの絵の架かる大聖堂へとたどり着く・・・。

■感想

現在も続く「世界名作劇場」の第1シリーズとして1975年に放映されたTVアニメシリーズが22年目にして映画化。最近のアニメにありがちな緻密なストーリー・ディテールとかCGを駆使した映像などとは無縁の作品(有名なラストシーンにCGが効果的に使われているが)。TV放映時の印象そのままに、淡々と物語が語られていく。しかし、我々の心を動かすその力は、どんなアニメ作品よりも強く深い。

■評価

☆☆☆☆★(ハンカチをお忘れ無く)

■コピー

ただそばにいるだけで、幸せだった。

■混雑度

比較的混雑しております。少し早めに着いておきましょう。

■公開日

97/03/15(土)

■IMDb

■DVD (amazon.co.jp)