ボディ・バンクEXTREME MEASURES

■鑑賞日

97/09/06(土)

■劇場名

ニュー東宝シネマ1(有楽町)

■監督

マイケル・アプテッド

■出演

ヒュー・グラント, サラ・ジェシカ・パーカー, ジーン・ハックマン, ポール・ギルフォイル, ビル・ナン, デヴィッド・モース, J・K・シモンズ

■内容

NYマンハッタンのグラマシー総合病院。緊急医療室に運び込まれた1人の患者は激しい発作を繰り返した後息絶える。担当した若き医師ガイ・ルーサンは、その死因に疑問を持ち真実に迫ろうとするが、何者かがそれを阻もうとしていた・・・。

■感想

ケネス・ブラナー監督作品や「フォー・ウェディング」等のコメディでの印象が強いヒュー・グラントがこれまでにない役柄に挑んだ。人間の生や医療の倫理を問うテーマを持つ作品としてはやや大袈裟な展開もあるが、それによってエンターテイメント性と重厚なテーマとが両立し、見応えのある作品となった。

■評価

☆☆☆☆(医療関係にも強いD・クローネンバーグ監督「クラッシュ」が俳優として出演)

■コピー

その巨大病院の心臓に触れてはいけない。

■混雑度

多少混雑しておりますが,座れないほどではありません。

■公開日

97/09/06(土)

■IMDb

■サントラ (amazon.co.jp)

■原作本 (amazon.co.jp)