ブレーキ・ダウンBREAKDOWN

■鑑賞日

98/01/31(土)

■劇場名

ニュー東宝シネマ1(有楽町)

■監督

ジョナサン・モストウ

■出演

カート・ラッセル, J・T・ウォルシュ, キャスリーン・クィンラン, M・C・ゲイニー

■内容

新天地サン・ディエゴへと車を急がせる夫婦ジェフとエミー。しかし、砂漠の途中で車が故障。通りかかった長距離トラックの運転手の好意でエミーを一番近い食堂へと連れていってもらい、修理の手配をすることになったが・・・。

■感想

スピルバーグ「激突!」ではトラックそのものが恐怖の対象であったが、本作では都会の夫婦が出逢う田舎の見知らぬ人々。相手が人間だけに、次の動きが予測できない。その恐怖感・緊張感を巧みにストーリーに絡めた、見応えあるサスペンス・アクション。

■評価

☆☆☆☆(アメリカの田舎へ行くのが恐くなる映画)

■コピー

始まりは何でもない車のトラブルだった・・・

■混雑度

それなりに来てますが、座れないほどではありません。

■公開日

98/01/24(土)

■IMDb

■DVD (amazon.co.jp)