HANA-BIHANA-BI

■鑑賞日

98/02/21(土)

■劇場名

銀座テアトル西友(銀座)

■監督

北野武

■出演

ビートたけし, 岸本加世子, 大杉漣, 森下能幸, 津田寛治

■内容

数カ月前に子供を亡くし、妻も不治の病に冒されていることを知った刑事の西。捜査中に仲間が銃弾に倒れた時、彼は犯人に最後の弾まで撃ち込んでいた。その事件がきっかけで辞職した西は、妻と共に旅に出る。

■感想

彼の監督・主演作では常に絶対的存在としての「死」が主人公を支配してきた。本作ではそれが「生」に相対する「死」へと変化した。彼の心境の変化は、ラスト主人公の「死」から視線を逸らしたところにも見られる。その視線が次に何を捕らえるのか楽しみである。

■評価

☆☆☆★(北野自身による絵が多数使われたのも大きな変化)

■コピー

その時に 抱きとめてくれるひとがいますか

■混雑度

午後はかなり混雑しています。40分前にはついておきましょう。

■公開日

98/01/24(土)

■備考

ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞

■IMDb

■Blu-ray (amazon.co.jp)

■DVD (amazon.co.jp)