女優マルキーズMARQUISE

■鑑賞日

98/03/28(土)

■劇場名

ル・シネマ2(渋谷)

■監督

ヴェラ・ベルモン

■出演

ソフィ・マルソー, ベルナール・ジロドー, ランベール・ウィルソン, マリアンヌ・バスレール, パトリック・ティムシット, レモ・ジローネ

■内容

17世紀フランスのリヨン。魅惑的な容姿と踊りで男を虜にする娼婦マルキーズは、有名な喜劇一座の看板役者ルネに見初められ結婚。彼女の踊りと自然な演技は多くの人々を魅了し、やがて国王ルイ14世の目に留まる。

■感想

史実を忠実に、と言うよりは劇的に描いた作品。衣装や美術は素晴らしく何よりS・マルソーが輝く。それだけに、主人公がもっと際立つような演出が欲しかった。作品自体が舞台劇のような仕上がりで、劇中劇との境界が曖昧で混乱するのも難。

■評価

☆☆☆★(まさに、S・マルソーのための映画)

■コピー

私は女優、人生だって演じてみせる。

■混雑度

多少混雑しております。早めに受け付けを済ませておきましょう。

■公開日

98/03/21(土)

■IMDb

■DVD (amazon.co.jp)

■サントラ (amazon.co.jp)