アンナ・カレーニナANNA KARENINA

■鑑賞日

98/04/11(土)

■劇場名

有楽町スバル座(有楽町)

■監督

バーナード・ローズ

■出演

ソフィ・マルソー, ショーン・ビーン, ミア・カーシュナー, ジェイムズ・フォックス, アルフレッド・モリーナ, ジャスティン・ワデル, ダニー・ヒューストン

■内容

19世紀末モスクワ。高官カレーニンの美しい妻アンナと出逢い、心を奪われるヴロンスキー伯爵。彼の強い情熱は、格式を重んじる夫との生活で冷え切っていたアンナの心にも火を灯し、彼らの激しい愛は、やがて悲劇へ・・・。

■感想

幾度となく映画化さた文豪トルストイの名作。監督とS・マルソーが熱望していたと言うだけに、その意気込みが強く感じられる華麗にして重厚な恋愛悲劇。ほぼ全編が英語で語られるが、これだけの作品はハリウッドにしか作れないという現実。

■評価

☆☆☆☆(ショルティ指揮のチャイコフスキーが物語に溶け込む)

■コピー

美しいため息がもれる。

■混雑度

多少混雑しております、少し早めに着いておきましょう。

■公開日

98/04/11(土)

■IMDb

■DVD (amazon.co.jp)