十二夜TWELFTH NIGHT

■鑑賞日

98/05/10(日)

■劇場名

恵比寿ガーデンシネマ2(恵比寿)

■監督

トレヴァー・ナン

■出演

ヘレナ・ボナム・カーター, イモージェン・スタッブス, ベン・キングズレイ, メル・スミス, トビー・スティーヴンス

■内容

1890年。嵐の海に投げ出され別れ別れとなった双子の兄妹。敵地に流れ着いた妹ヴァイオラは男を装い領主オーシーノ公爵に仕えるが、彼に恋してしまう。ところが、公爵の恋する令嬢オリヴィアは男装したヴァイオラに一目惚れしてしまい・・・。

■感想

堅苦しいイメージもあるシェイクスピア作品だが、音楽や歌に彩られた本作は軽快なロマンチック・コメディ。笑いの陰に人間の悲哀を感じさせる奥行きのある仕上がりは、原作は無論、数多くの舞台劇を手掛けてきた監督の力量に依るところが大。

■評価

☆☆☆☆(勿論キャストも素晴らしく、キングズレイは美しい歌声も披露)

■コピー

恋は突然やってくる

■混雑度

多少混雑しております。早めに受け付けを済ませておきましょう。

■公開日

98/05/02(土)

■IMDb

■DVD (amazon.co.jp)

■原作本 (amazon.co.jp)