絶対×絶命DESPERATE MEASURES

■鑑賞日

98/05/24(日)

■劇場名

丸の内ピカデリー2(有楽町)

■監督

バーベット・シュローター

■出演

アンディ・ガルシア, マイケル・キートン, エリザベス・リンゼイ, ブライアン・コックス, マーシア・ゲイ・ハーデン

■内容

白血病の息子を持つコナー刑事は、ついに適合する骨髄移植のドナーを探し当てる。ところが、その適合者は殺人罪で終身刑となった凶悪犯罪者マッケイブ。厳戒態勢の中マッケイブは病院へと移送、手術台に拘束されるが・・・

■感想

ハリウッドには"アクション映画"のためのプロットが無尽蔵にあるようだ。ただ肝心なのは演出とキャラクタ。キートン演じる悪役の設定にもう少し掘り下げがあれば"ありきたり"から抜け出たと思うのだが、後半~終盤の小気味良い演出がフォロー。

■評価

☆☆☆★(ラストの演出一つで作品の印象が大きく変わる好例)

■コピー

IQ150 の凶悪知能犯。お前の役目がひとつだけある。

■混雑度

午後はかなり混雑します。午前中~昼の回をねらいましょう。

■公開日

98/05/23(土)

■IMDb