オスカーとルシンダOSCAR AND LUCINDA

■鑑賞日

98/07/04(土)

■劇場名

シャンテ・シネ1(日比谷)

■監督

ジリアン・アームストロング

■出演

レイフ・ファインズ, ケイト・ブランシェット, リンダ・バセット, キアラン・ハインズ, トム・ウィルキンソン, リチャード・ロクスバーグ, ビル・ブラウン

■内容

19世紀半ば。厳格な宗教家の父とは異なる宗派を選んだ牧師オスカーと、型破りな性格と莫大な遺産でガラス工場のオーナーとなったルシンダ。英国からオーストラリアへと向かう船上で、性格も境遇も異なる二人を結びつけたのはギャンブルだった。

■感想

社会に適合できない男女の愛を、時に情熱的に、時にシュールに描く、個性的なラブ・ロマンス。印象的な衣装や美術や、主演の二人、特に繊細さの奥に強い情熱を秘めたオスカーという複雑な役柄を見事に演じたR・ファインズは絶賛に値する。

■評価

☆☆☆☆(トマス・ニューマンによる音楽も印象的)

■コピー

切り札はこの一枚。二人は遥かな夢追い人。愛と運命とチャンスを掛けたゲームに挑む。

■混雑度

午後は多少混雑します。少し早めについておきましょう。

■公開日

98/07/04(土)

■公式サイト

■IMDb

■DVD (amazon.co.jp)

■サントラ (amazon.co.jp)

■原作本 (amazon.co.jp)