北京のふたりRED CORNER

■鑑賞日

98/10/24(土)

■劇場名

恵比寿ガーデンシネマ1(恵比寿)

■監督

ジョン・アヴネット

■出演

リチャード・ギア, バイ・リン, ツァイ・チン, ジェイムズ・ホン, ロバート・スタントン, バイロン・マン, ヘンリー・オー, ロジャー・ユーアン, ブラッドリー・ウィットフォード, ゾン・ピン

■内容

中国での放送事業契約を確実にしたジャック。北京での見知らぬ女との情事から明けた朝、警官にたたき起こされ、女の惨殺死体を見て愕然とする。言葉も風習も法律さえも違う国で孤立無援となった時、若き女性弁護士シェン・ユーリンと出逢う。

■感想

米国が舞台でも十分成立する物語をあえて中国に設定することを、ハリウッド映画の娯楽的要素の一つとして見れば、サスペンス、法廷劇、そして崇高な恋愛物語として楽しめる。しかし、中国を公に非難しているギアを主演にしたことでややこしくなった。

■評価

☆☆☆★(ほとんどのシーンがセットで撮られたというから驚き)

■コピー

愛にかけては 愚かにあれ・・・

■混雑度

多少混雑しておりますが、座れないほどではありません。

■公開日

98/10/10(土)

■IMDb

■DVD (amazon.co.jp)

■サントラ (amazon.co.jp)