ニルヴァーナNIRVANA

■鑑賞日

98/11/08(日)

■劇場名

シネセゾン渋谷(渋谷)

■監督

ガブリエレ・サルヴァトレス

■出演

クリストファー・ランバート, ディエゴ・アバタントゥオーノ, ステファニア・ロッカ, アマンダ・サンドレッリ, セルジオ・ルビーニ, エマニュエル・セニエ, マルチェロ・マッツァレッラ

■内容

ジミーが開発中のゲーム"ニルヴァーナ"をウィルスが汚染。自我を持った登場人物ソロは、ゲームの中での生と死の繰り返しから解放して欲しいとジミーに訴える。しかし、そのためにはオコサマ・スター社のデータ・バンクに保管されたコピーも消去する必要があった。

■感想

80年代にSF小説では"サーバーパンク"と呼ばれる電脳空間を舞台とした作品がブームとなり、90年代には映像化がはじまる。「バーチャル・ウォーズ」「バーチュオシティ」「JM」・・・。90年代も終わりが近づき、本作が誕生。ようやく一つの完成形が見えてきた。

■評価

☆☆☆☆(衣装デザインにはジョルジオ・アルマーニも参加)

■コピー

悲しみを覚えた仮想生命。

■混雑度

多少混雑しております。少し早めについておきましょう。

■公開日

98/11/07(土)

■IMDb

■DVD (amazon.co.jp)