ヴァージン・フライトTHE THEORY OF FLIGHT

■鑑賞日

99/04/03(土)

■劇場名

シャンテ・シネ1(日比谷)

■監督

ポール・グリーングラス

■出演

ケネス・ブラナー, ヘレナ・ボナム・カーター, ジェンマ・ジョーンズ, スー・ジョーンズ・デイヴィス, ホリー・エアー

■内容

恋人との関係がうまくいかなくなり、チョットした騒ぎを起こしたリチャードは、裁判所から120時間の社会奉仕を命じられる。難病に冒された若い女性ジェーンの世話をするようになった彼は、心を閉ざす彼女とも次第に打ち解けるが、ある日ジェーンからとんでもない頼み事をされ困惑する。

■感想

ハリウッドなら軽いコメディにしてしまうところだが、イギリス映画には適度な"重さ"があって心地よい。これまでの作品とはまた違ったキャラクタを演じる主演二人が、不器用だが美しいラヴ・ストーリーを、より一層印象的にしている。

■評価

☆☆☆☆(美しい飛行シーンがラストの感動を誘う・・・)

■コピー

かなえて、ふらちで切ない、最後の願い。

■混雑度

それなりに来てますが、座れないほどではありません。

■公開日

99/04/03(土)

■IMDb

■DVD (amazon.co.jp)