奇蹟の輝きWHAT DREAMS MAY COME

■鑑賞日

99/06/05(土)

■劇場名

丸の内ピカデリー1(有楽町)

■監督

ヴィンセント・ウォード

■出演

ロビン・ウィリアムス, キューバ・グッディングJr., アナベラ・シオラ, マックス・フォン・シドー, ロザリンド・チャオ, ジェシカ・ブルックス・グラント, ジョシュ・パドック, ルシンダ・ジェニー, ヴェルナー・ヘルツォーク

■内容

事故で自分が死んだことを知ったクリス。愛する妻アニーとの別れを受け入れ天国へと旅立った彼は、生前妻と夢見ていた理想郷がそこに広がっているのを目の当たりにし、驚喜する。しかし、アニーが悲嘆のあまり自殺し、地獄へ落ちたと知ったクリスは、彼女を捜し出すために、地獄へと向かう・・・。

■感想

ギリシャ神話にあるオルフェウスとエウリディケの物語を思わせるストーリー。宗教的色彩はそれほど強くなく、より普遍的な"生"や"愛"といったテーマがメイン。"天国と地獄"という幻想的な世界を見事に映像化したシーンとともに、本当に信じ合える人と出逢えることの素晴らしさを謳う。

■評価

☆☆☆☆(原作は「激突!」「ある日どこかで」で知られるリチャード・マシスン)

■コピー

愛する人<ソウルメイト>に逢いたくて、天国から地獄の底へ-。

■混雑度

それなりに来てますが、座れないほどではありません。

■公開日

99/06/05(土)

■備考

第71回アカデミー賞視覚効果賞を受賞

■IMDb

■Blu-ray (amazon.co.jp)

■DVD (amazon.co.jp)