スモーク・シグナルズSMOKE SIGNALS

■鑑賞日

99/06/13(日)

■劇場名

恵比寿ガーデンシネマ1(恵比寿)

■監督

クリス・エア

■出演

アダム・ビーチ, エヴァン・アダムス, イレーヌ・ベダード, ゲイリー・ファーマー, タントー・カーディナル, モニク・モジカ, クディー・ライトニング, サイモン・ベイカー, トム・スケリット

■内容

アイダホ州のネイティヴ・アメリカン居留地。12歳の時に出ていった父へのわだかまりを抱き続けたまま、22歳に成長したヴィクターのもとに、ある日父親がアリゾナ州で死んだとの連絡が入る。そして、ヴィクターは幼なじみのトーマスと共に、遺灰を受け取るための旅に出る。

■感想

西部劇の時代から"インディアン"は、無数の映画に登場しているが、ネイティヴ・アメリカンが監督・脚本・出演を手掛けた作品は、本作が初めてだという。彼らの現実の姿と心の内面を映し出すリアリズムと、スピリッチュアルな演出のバランスが見事。セリフに散りばめられたユーモアも魅力。

■評価

☆☆☆☆(ネイティヴ・アメリカンの精神に秘められた"力強さ"を感じずにはいられない。)

■コピー

ひとりで旅立った父よ。あなたの物語を語り継ごう。

■混雑度

それなりに来てますが、座れないほどではありません。

■公開日

99/06/12(土)

■備考

午後3:10より一日3回の上映

■IMDb

■サントラ (amazon.co.jp)