ラン・ローラ・ランLOLA RENNT

■鑑賞日

99/07/10(土)

■劇場名

シネマライズ2F(渋谷)

■監督

トム・ティクヴァ

■出演

フランカ・ポテンテ, モーリッツ・ブライブトロイ, ニナ・ペトリ, ヨアヒム・クロール, ハイノ・フェルヒ, モニカ・ブライブトロイ

■内容

ローラに恋人マニから電話がかかる。「20分以内に10万マルク用意しないと殺される!」ローラは愛するマニを救うため、部屋を飛び出し、ベルリンの街を走る。どこかで10万ポンドを手に入れ、それから、恋人との待ち合わせ場所へ・・・。ローラは、走る。

■感想

ドイツ映画も久しぶりに観たような気がするが、そのパワフルさに驚く。しかし、主人公がただひたすら走り続けるだけではなく、いい意味で裏切られた。古典的かつ斬新な映像手法で、やや強引なストーリー展開も納得させてしまう。映像にシンクロするテクノミュージックもいい。

■評価

☆☆☆☆(20分間の出来事を80分強の作品にどう収めるか、がポイント!?)

■コピー

走れ。ローラ!愛のために

■混雑度

毎回ほぼ満席です。30分前には着いておきましょう。

■公開日

99/07/10(土)

■IMDb

■Blu-ray (amazon.co.jp)

■DVD (amazon.co.jp)

■サントラ (amazon.co.jp)