ジャンヌ・ダルクJOAN OF ARC

■鑑賞日

99/12/11(土)

■劇場名

新宿ピカデリー1(新宿)

■監督

リュック・ベッソン

■出演

ミラ・ジョヴォヴィッチ, ジョン・マルコヴィッチ, フェイ・ダナウェイ, ダスティン・ホフマン, パスカル・グレゴリー, ヴァンサン・カッセル, チェッキー・カリヨ, リチャード・リディングス, デズモンド・ハリントン, ティモシー・ウェスト, ジナ・マッキー, フィリップ・デュ・ジェヌラン, ジャン=ピエール・ゴズ, ポール・ブルック

■内容

少女は13才の時、初めて"声"を聞く。信心深く育った彼女は、それを神の啓示と信じ、それからも神の言葉を待ち続けた。4年後、彼女は王太子シャルルの前に現れる。英国に包囲されたオルレアンを解放し、彼を王にするという神の言葉を携えて・・・。

■感想

歴史観と宗教観が絡む難しいテーマだが、一人の少女の生き様を中心に据えることで、ベッソン監督は、ドラマティックかつダイナミックに160分を描ききる。ただ、かつての作品にはあった、強烈なインパクトを与えてくれる何かが見あたらない。

■評価

☆☆☆☆(音楽はおなじみのエリック・セラ。こちらも同様に・・・)

■コピー

逃げない。強く切ない。新ミレニアムに甦った、17才のカリスマ。

■混雑度

それなりに来てますが、座れないほどではありません。

■公開日

99/12/11(土)

■公式サイト

■IMDb

■Blu-ray (amazon.co.jp)

■DVD (amazon.co.jp)

■サントラ (amazon.co.jp)