エンド・オブ・デイズEND OF DAYS

■鑑賞日

99/12/25(土)

■劇場名

新宿プラザ(歌舞伎町)

■監督

ピーター・ハイアムズ

■出演

アーノルド・シュワルツェネッガー, ガブリエル・バーン, ロビン・タニー, ケヴィン・ポラック, CCH・パウンダー, ロッド・スタイガー, デリック・オコナー, ミリアム・マーゴリーズ, ウド・キア, ヴィクター・ヴァルナード, マーク・マーゴリス, マーク・ローレンス

■内容

ニューヨーク1999年12月。元刑事で今は警備会社で身辺警護を担当するジェリコは、その日ある証券マンのボディ・ガードをしていたが、突然ビルの上から銃撃を受ける。自ら盾となりその証券マンを守ったジェリコは、さらに狙撃犯を追跡、ようやく追いつめるが・・・。

■感想

監督はシュワちゃんのアクションたっぷりに「オーメン」「ディアボロス」「ゴーストバスターズ」を少々加えてミキサーにかけたようだが、ビジュアル・インパクトだけの122分はチトつらい。見どころといえば、ガブリエル・バーンの妙演とGUNS 'N ROSES の5年ぶりの新曲くらいか?

■評価

☆☆☆★(20世紀そして千年紀の終わりは来年2000年です。サタンも間違えたようで・・・)

■コピー

1000年紀《ミレニアム》最後の衝撃-人類の未来をかけた運命の4日間-

■混雑度

それなりに来てますが、座れないほどではありません。

■公開日

99/12/25(土)

■IMDb

■Blu-ray (amazon.co.jp)

■DVD (amazon.co.jp)