橋の上の娘LA FILLE SUR LE PONT

■鑑賞日

99/12/26(日)

■劇場名

ル・シネマ1(渋谷)

■監督

パトリス・ルコント

■出演

ダニエル・オートゥイユ, ヴァネッサ・パラディ, カトリーヌ・ラスコー

■内容

自分の人生の不運さを嘆き、川に飛び込もうとする女の前に一人の男が現れる。男は運命的な出逢いを感じていた。ナイフ投げの芸を仕事にするその男は、彼女に"的"になってくれと頼み、彼女も申し出を受ける。はじめは恐れていた彼女だったが・・・。

■感想

ナイフを投げる男と、的になる女。その緊張感、恐怖感がやがて快感にそして愛へと変わっていく姿をモノクロームの映像が捉える。あえて直接的な表現を避けることで、パラディの小悪魔的な魅力と相まって、二人の関係がより官能的そして幻想的に映る。

■評価

☆☆☆☆(マリアンヌ・フェイスフルの挿入歌は「ロスト・チルドレン」に使われた曲。)

■コピー

愛は、夢うつつ。

■混雑度

多少混雑しております。少し早めに受付を済ませておきましょう。

■公開日

99/12/11(土)

■IMDb

■DVD (amazon.co.jp)